top of page
  • 執筆者の写真Rutile Design

専門学校の先生やってきました

先日、札幌スイーツ&カフェ専門学校にて

先生やってきました。


講師などの経験はなくちょっと不安だったのですが、

なんとか乗り切りました。


授業内容は主に

『ブランディング』についてお話をしました。


専門学生はまだ10代の方々。

なんというか…普段接しない年代の子たちなので

どんな話に興味をもってもらえるのかな?と

色々考えました。


スイーツ&カフェ専門学校はいわゆる

パティシエの卵だったり、

カフェの経営を目指している子だったり、

必ずしもパティシエにることを

目指している人たちばかりではないのですが、

私のお客様でもある千歳のパティスリーウノズさんは

ブランディングに成功したわかりやすい例だと思い、

実例を踏まえてお話をさせてもらいました。


どのくらい若い彼らに響いたのかはわかりませんが、

真剣に聞いてくれている子もいて

(寝ている子もいましたがw)

初めての経験である「講師」をできて

とても良かったと思っています。


今の若い子たちはどんなことを考えているのかな?

というのを知りたくて、先生方に協力してもらい

事前にアンケートを生徒さんにとってもらいました。


<将来自分がお店を経営するとしたら?>

をテーマにどんな商品を扱うか、

どんなお店作りにするか?

などなど自由に文章やイラストで表現してもらいました。


ほんとに生徒さん様々でアンケート用紙にびっしり書いてくれたり、

2行で終了だったり、細かくケーキのイラスト書いてくれたり、

お店の間取りを書いてくれたり、値段設定をしっかり考えたり、

大人でも難しい「概念」をコンセプトに設定したり、

個性が爆発するアンケート結果でとても興味深かったです。


これは私の肌感覚で、最近の若い子は

極端なくらいの二極化で中間層の

「普通の子」がいない、というイメージでした。


実際のアンケート結果を見ても

よりリアルに想像して自分のビジョンがしっかり描けている子と

ほんとうにパティシエ興味ある?のような関心が薄い子と

はっきりわかれている印象でした。


あたりさわりなく…のような生徒さんがとても少なく、

積極性において両極端な感じです。


比較的積極的な内容を書いてくれている何人かの

生徒さんをピックアップして授業中に

どうしてそのコンセプトにしたのか?

なぜこの価格にしたのか?

などなど細かく聞いて意見を交わしたりして

色々と興味深い共通点がわかってきました。


まず、お店の内装イメージをかいている生徒さんは

「韓国」というキーワードがよく出てきました。

やはり若い世代は影響を強く受けているのだなと感じます。


また、カフェのコンセプトで「推し活」ができるカフェ、

という生徒さんが何人かいて、私は推し活がよくわからないので

生徒さんに「推し活って何?」「具体的にどんなことするの?」と

聞いてみましたところ、詳しく教えてくれて実際にそのような

コンセプトのカフェがすでに存在しているらしく…。


へぇ~(´・ω・`)納得


全然知らなかった。

若い子たちにいろいろと教えてもらい、

10代の子の価値観や好意的な物がなんとなく

理解できたような気がします笑


中には「そこに目をつけるとは!!」というような

とても面白く独創的なコンセプトを設定し、

しかもマーケティング的にもリアルに経営可能な

お店では?と思えるほど良いアイディアをもっている

生徒さんもいて、いろいろと驚かせられました。


たった1コマ50分の中だったので

全てを伝えることをできなかったのですが、

もしお店を将来的に経営するとしたら

「差別化」「明確なコンセプトの設定」「自分の中の<好き>が重要」

「素材はホンモノを使うべし」「価値は魅せ方で変化する」

という話を具体的な私のブランディング例にのっとって示し、

彼らが数年後独立した時に思い出してくれれば

1年でつぶれる店にならないような手助けができたのでは

ないのかなぁ…と思っています。





授業の間にちょっと待ち時間があったので

実習で生徒さんが作ったごはんを食べさせてもらいました^^


もちろんデザート付き( *´艸`)









コメント


bottom of page