top of page
  • 執筆者の写真Rutile Design

オーガニックハーブのリアンファームさん

旭川で有機JAS認定を取得している

ハーブ農家のリアンファームさんに

先日取材というか勉強というか、

いろいろとお話を聞かせていただきました。


当然メールで面会を申し込んだので、

きっと「何こいつ?」と思われたと思うのですが、

とても詳しく色々なことをお話ししてくださり、

貴重な時間となりました。


写真を撮るのを忘れたのですが、

ふるまっていただいたハーブウォーター?

がとてつもなく美味しくてびっくり(; ・`д・´)


はちみつ漬けの輪切りレモンとカモミール、

ミントなどなど入っていたらしいのですが、

水だしでこんなに美味しいの??

というくらい美味しかったです。


ハーブは虫が付きにくいので比較的

オーガニックをやりやすい植物だとは思いますが、

そもそも国内にオーガニックハーブどころか

ハーブ農家がけっこう少ないようで…


つまりハーブは輸入品が多いらしいのですが、

輸送の関係で身体に宜しくないお薬をたくさん撒いて

輸入している会社もあるらしく…。


ゾワ…(´・ω・`)


例えばお野菜は無農薬だからといって

とてつもなく美味しい野菜が

できあがるわけではないと思いますが、

ハーブはどうなのだろう?と、

お聞きしましたところ、

化学肥料などで成長を促し、

農薬で自己防衛機能を失わせた

甘ったれちゃんに育ったハーブよりも、

オーガニックハーブは厳しく育てられた分、

ハーブそのものの香りや効能が各段に違うそうです。


事実、いただいたハーブウォーターでそれは

思い知りました。


実際ハーブティー美味しくないって思っている人は

多いのではないでしょうか?


私も数年前にオーガニックのハーブティーを飲むまでは

ハーブティーは美容のために我慢して飲むものだと

思っていました^^;


リアンファームのオーナー様(とつもなく素敵な女性でした)

はフランスの各地で修行していたそうで、

旭川とフランスの気候はけっこう似ているのだそう。


なんとマルセイユと旭川の緯度はほぼ同じ。



寒暖差があり、のびのびと野生に近い環境で

愛情たっぷりもらっているから

リアンファームさんのハーブは

美味しい(*'ω'*)


ハーブの香りが強く、美味しいということは、

ハーブが持つ効能をマックスで発揮できる、

ということ。


ここでリアンファームさんのハーブなどが購入できます↑


現地でもハーブティー売っています。↓




一番印象に残ったのは

オーナー様とハーブたちとの関係性。


人の意識はハーブたちにしっかり伝わる。

だからたくさん愛情かけて育てている。

むしろ、ハーブたちに育てさせられている、

というようなお話が抽象的だけどすごく

しっくりきました。


ハーブに限らず植物も野生動物も、

人間と違ってエゴがないので

より純粋で合理的です。


環境に応じて変化したり、

より元気になれるように進化したり、

人間よりもずっとずっと神秘的な

システムによって生きていると感じます。


人間はその不思議パワー?大いなる意思?

のようなものによって動かされている

歯車の一つにすぎず、植物のもつ力を

貸してもらっている、

というような感じだと思うのです。


はぁ~いい時間だった笑

オーガニック農家さん達は

少し変わった価値観や、

揺るぎない意志があったりするので

毎回驚きがあります。



リアンファームさんからとっても良いお話をきき、

さあ帰ろうというときに相棒の車が急に壊れてまさかのJAF。


JAFのお兄さんに旭川駅まで送ってもらい、

特急列車で帰る羽目に^^;


特急だと旭川札幌間一時間半で着くんですね…

知らなった( ゚Д゚)

はやーい。


ほんとうはもっといろいろ

寄りたいところがあったのですが、

次の機会にとっておくことにします。


全然関係ないけど、

リアンファームさんのところに

向かう途中で鹿さんいました。



こっちおいで~(^^)/と

言ってみましたが

不審者を見るような目で見られました。

Comments


bottom of page