top of page
  • 執筆者の写真Rutile Design

アロニアジュースの撮影

マルヤマクラスのFreFacさんのオリジナル商品の

レシピ撮影をしてきました^^





「アロニア」って聞いたことあるけど

どんな果実かはよくわかってない…

という人が多いと思いますが

私もなんとなくブルーベリーっぽいもの?

くらいにしか思っていなかったです。


アロニアはそのまま食べると渋くて美味しくないとのこと。

北海道だと伊達市でたくさん獲れているそうです。


ジャムやジュースに加工されることが多く、

今回のオリジナル商品もジュース(無糖)です。


今回は商品名からロゴ、撮影に至るまで

まるっと任せていただきました。


商品名は

『ARONIA DRESS』(アロニアドレス)です。




私はメニュー表やサインなどでも、

できるだけ正しい言葉を使うことを心がけています。


例えばイタリアンのメニューの中に

マリアージュとかいう表記をしてあるのが嫌いです。

間違いではありませんが、

違和感があります。


それが「あえて」の表記や深い意味があるなら良いと思います。


しかしながら、「テイクアウト」という和製英語だけは

あきらめて使用しています。

何故なら[take away]や [to go]と表記しても

多くの日本人にはぴんとこないからです。


今回とても悩んだのが

『ジュース』という言葉。


アロニアジュース、という言葉を使いたかったけど

日本において「ジュース」と聞くと

加糖された甘い飲み物を思い浮かべる方が

ほとんどだと思います。


しかしながら英語で<juice>(ジュース)は

果汁をさします。


そして今回の商品アロニアドレスは

果汁を絞っただけで加糖はしていないので

「ジュース」という表記は正しいのですが、

日本において多くの人が加糖してある

甘いジュースを連想してしまうので

イメージを損なう原因になりうるなぁと

思いジュースという表現はやめました。


アロニアドレスは飲むだけではなく、

お料理にも上手に活用すれば

手軽にビタミンやアントシアニンが摂取できます。


ドレッシングやピクルス液にも使えるし、

意外とめんつゆなどの和食にもあいます。




そのまま飲んでもアロニアの渋みはなく、

ほのかに甘くておいしいです。


撮影にアロニアの果実を使ったので

美味しくないときいていたのですが

興味本位で何粒か食べてみました( *´艸`)


う~ん、確かにかなり渋くて

ばくばくは食べられないけど、

食べられなくはないって感じ( ゚Д゚)


こんなに渋いのに絞ると甘みがでるの不思議。


まだ正式販売はしていませんが、

近々FreFacさんにて購入できますのでこうご期待(; ・`д・´)

Comments


bottom of page